予防歯科

歯磨きだけでは取りきれない汚れがある

みなさんは毎日歯磨きをしていると思いますが、それだけでは全ての汚れを取りきれません。細菌がバイオフィルムと呼ばれる塊になり表面に強力な膜を作ってしまうことがあります。これは歯ブラシと歯磨き粉では取り除くことができないため、定期的に歯科医院の器具を使ってお掃除する必要があります。また、歯石ができてきた場合も同様です。日本では「歯に何か起きたら歯医者さんに行って治す」という考え方が普通でしたが、少しずつ「歯に何か起きる前に予防する」という考え方が広まってきました。歯磨きをしていてもどうしても付いてしまう汚れを取るために、そして何か異常があったらすぐに発見・治療できるようにするために、3ヵ月に一度はお越し頂きたいと考えています。

咬み合わせの重要性

当院では、患者さんが予防でお越しになった際、虫歯や歯周病のチェックをして歯のお掃除をするだけでなく、咬み合わせも確認させて頂くようにしています。咬み合わせがズレていると、歯にも、歯を支えている土台部分にも負担がかかり、歯がしみたり歯が抜けてしまったりする原因となります。まずは「咬合紙(こうごうし)」と呼ばれる薄い紙のようなものを上下方向に咬んで頂き、さらに歯を咬み合わせた状態で横に動かした時(奥歯で食べ物をすり潰す時)に、歯のどの部分がどれくらいの強さで当たっているのかを確認します。歯を悪くするのは虫歯だけではありません。正しい咬み合わせも歯の健康のためには欠かせないのです。

歯の横の動きも確認する理由

歯を上下に咬んだ時だけでなく、横に動かした時の動きも確認するのには理由があります。歯は縦方向(生えている方向)からの力には強いのですが、横方向の力にはとても弱く、咬み合せが悪いと横向きに力が加わり、すぐに歯がグラグラしてしまうのです。すると、歯と歯茎の間(歯周ポケット)が広がり、汚れが溜まりやすくなってしまうというわけです。他にも、咬み合せて痛かったり、水などがしみたり、違和感がある症状がでることもあります。当院の院長は日本顎咬合学会認定医の資格を持っており、専門的な視点で噛み合わせ治療を行っています。

「歳を取ったら歯はなくなる」はウソ!?

多くの方は歳を取っていくといずれは歯が抜けていき、入れ歯になるというイメージをお持ちかと思います。しかし、歯が抜けてしまうのは老化現象ではなく、歯のケアがしっかりとできていないからで、実際に予防のために定期的に歯科医院に通う習慣のあるスウェーデンでは、80歳になっても平均21本もの歯が残っています(日本は7本以下です)。実は、歯は定期的なメインテナンスをしていれば簡単になくなるものではありません。3ヵ月ごとの歯の予防を習慣化し、いつまでも健康な歯で美味しい食事を楽しめるようにしましょう。

当院の歯の予防

患者さんの健康な歯を守るために、もしくは治療後の良い状態を維持するために、当院では歯科医師と衛生士が全力で歯の予防・メインテナンスに取り組ませて頂きます。その時の状態や患者さんによって多少内容は異なりますが、主に以下のメニューを実施します。

当院での予防歯科(メインテナンス)の流れ

13ヵ月後のご予約日に来院されると、歯科衛生士がお出迎えをします。

矢印

2お口の状態をチェック…虫歯、歯ぐき、咬み合せの状態をチェックします。必要により、レントゲン写真で確認します。

矢印

3現在のお口の状態をご説明します。

矢印

4ブラッシング指導

矢印

5プロフェッショナル・クリーニング(バイオフィルム除去)…歯石はもちろん、歯ブラシでは完全には落とせない細菌の塊(バイオフィルム)を除去し、汚れのつきにくいツルツルの歯にします。

矢印

6次回(3ヵ月後)のご予約をお取りします。
次回お会いするまで、あなたがお元気で毎日過ごせますよう、スタッフ一同願っております。

あなたのお口の健康をサポートするため、スタッフ一同、日々知識・技術の向上に努め頑張っています。ぜひあなたも予防歯科、初めてみませんか?

皆様の食生活を一生涯ご自分の歯でして頂くために(予防のプログラムとメインテナンス)

京町歯科医院では、生涯を健康なお口で過ごして頂くために、ムシ歯と歯周病を予防し治療しても、その後再発させないことを第一に考えています。

そのためには、病気の原因であるバイオフィルム(ばい菌の塊)を取り除く必要があります。

歯と歯の間や歯肉との境目などは自分ではなかなか磨くことができません

歯科医院で専門的な器具を使ってバイオフィルムを定期的にクリーニングしなければ、健康を維持することは難しくなるのです。

初めに、患者さん自身に自分のことをもっと良く知って頂くために、ムシ歯や歯周病の罹りやすさの検査(一部保険外)を行い、個人個人に合わせた予防プログラム>を提供いたします。

それから、今まで溜まっていたバイオフィルムや歯石を大掃除します。初期治療の結果(大掃除の結果)、どのくらい口の中が良くなったのかを調べた後(再評価)、ムシ歯の治療を始めます。

治療が全て終了後は、1~3~6ヶ月ごとにバイオフィルムを取り除くメインテナンスをしていきます。

このメインテナンスを続けることが、大変重要なことです。

お口の中で気になることがあれば、まずはご相談ください。

Myクリーニングセット

患者さんお一人お一人専用に、歯のクリーニングの時に使用する器具や、歯ブラシ指導の時に使用する歯ブラシや歯間ブラシをご用意しております。

メールでのお問い合わせ