小児歯科

「歯医者さんは怖い」というトラウマを作らせない

どうしても歯医者さんに対して恐怖心を持ってしまうお子さんはいるものです。その時に押さえつけて無理やり治療をするようなことをすると、トラウマができて二度と歯医者さんには行かなくなってしまいます。そして、大人になっても適切な予防や治療を受けずに、やがて大切な歯を早期に失ってしまうことになります。当院は、緊急の処置が必要な場合を除いて、まずは歯医者さんに慣れてもらうことから始めるようにしています。まずは歯の絵本を読み聞かせる。器具を触ってもらう。お口の中で器具から水を出したり、別の器具で水を吸ったりする。こういったことの繰り返しによって、他の医院では治療を受けられなかった子でも、少しずつ治療ができるようになっていきます。

女性スタッフとの連携で、お子さんを怖がらせない治療

お口を開けられるようになっても、処置をしているうちに怖くなってきてしまうお子さんもいます。そのため、当院では治療中も女性スタッフが横に付き添い、言葉をかけて安心感を持ってもらえるようにしています。絵本を読み聞かせる際も女性スタッフが行いますので、ほとんどの子供は嫌がらずに楽しんでくれています。

お母さん・お父さんへの説明

お子さんの歯の治療を行う時、ご希望される場合はお母さん・お父さんも一緒に診察室へ入り付き添って頂くこともできます。ただし、できればお子さんが甘えてしまわないよう、待合室でお待ち頂くことが多くなっています。なお、いずれの場合も親御さんへのご説明はしっかりと行うようにしており、今のお子さんの歯の状態がどうなっているか、どのような治療をしていくか、ご自宅ではどのようにケアして頂きたいかなどを分かりやすくお伝えいたします。

メールでのお問い合わせ